本気で恋したい!女性のための「恋婚活」体験談

LuvTalk

エクシオの評判は?婚活パーティー常連だった私の、エクシオ実体験&活用攻略法!

更新日:

日本最大規模の婚活パーティー運営会社といえば、エクシオの婚活パーティー

全国47全ての都道府県で、毎日のように婚活パーティーが開催されています。

参加するほどにポイントが溜まり、そのポイントを使えば次回の婚活パーティーは参加費が割引されるということで、ついつい足繁く参加するうちに、いつのまにか筆者はエクシオの常連会員になっていました…

そんな筆者が、実際に参加しまくったからこそ見えてきたエクシオの本当の評判、そしてネットで書かれている口コミは本当なのかを、徹底解説します。

エクシオの婚活パーティーって、どんな流れでどんなサービス?

エクシオの婚活パーティーの流れとは?


エクシオの婚活パーティーはざっと、自己紹介→フリータイム→カップリングという構成になっています。

まずは、全員の異性と3分間ずつ、1対1での自己紹介から。

時間になると男性がひとつずつ席を横に移動していくという、いわゆる「お見合い回転寿司」方式で、全員の異性と会話をします。

それが終わると5分×3回のフリータイムが設けられており、気に入った異性ともう1度話すことができます。

そして最終的に誰とカップルになりたいかを書いた紙を提出し、カップリングが発表されて終了、という流れです。

パーティーは、賞味1時間半程度

慣れた司会者が進行していくので、言われた通りにしていると、案外あっという間に終わってしまいます。

エクシオの婚活パーティーで活用必須、4種類のカード!

エクシオの婚活パーティーでは、受付時にプロフィールカード、印象確認カード、アプローチカード、そして最終投票カードという4種のカードを渡されます。

プロフィールカード

プロフィールカードは、その名の通り自分のプロフィールを書き込むもの。

これを異性と交換して、相手のカードの内容を見ながら会話をします。

ほとんど書いてない相手のプロフィールカードを渡されると、話のネタがなくて思わず舌打ちしたくなるので、印象を良くするためにも、これは細かく書くのをおすすめします。

そして全員との自己紹介が終わったタイミングで書くのが、印象確認カードとアプローチカードです。

印象確認カード

印象確認カードはずらりと数字が並んでいるカードで、ちょっとでもいいかなと思った異性の番号に丸をつけて提出するもの。

これを司会者が集計して後ほど手元に戻ってくるのですが、自分が丸を付けて出したカードに上書きで、自分に丸を付けてくれた異性の番号にマーカーが引かれて戻ってきます。

つまり、自分が丸を付けた番号の上にマーカーが引かれていたら、その異性と自分はプチ相思相愛、ということになり、カップリング確率高めかも!?ということになります。

アプローチカード

印象確認カードと一緒に提出するアプローチカードは、2枚あります。

2名の人に、自分のメッセージを届けることができるというわけです。

フリーメッセージを書く欄があるので、ここはもう直球で自分の連絡先を書いて、「連絡お待ちしています」っていうのが有効な使い方ではないかと。

ただし、渡す相手もたくさんの異性と会話しているので、「○○について話した者です」とか「青いシャツの公務員です」など、自分を認識してもらえるようなキーワードを書き添えるのがマストです。

最終確認カード

エクシオの最終確認カード

そして最終投票カードは、誰とカップリングしたいのかを書いて出すカードですが、なんと第6希望まで記入枠があります。

自分選抜の1、2枠だけを潔く埋めるのもいいですが、1枠同士がカップルになるとは限らないので、カップリング率を高めるために6枠全てを埋めるものも、ひとつの手です。

エクシオの婚活パーティー、参加費用は?

それぞれの婚活パーティーは、年齢や職業等で参加者が制限されていて、それによって値段が全然変わってきます。

たとえば、「30歳代中心編」というように、男女共に30代ならOK!というような条件のハードルが低いパーティーだと、男性4500円、女性1500円というように女性が安い設定です。

これが、対象年齢は男女共に26~40歳、そして男性を消防士・警察官・自衛隊という婚活で人気の安定職に限定したパーティーだと、男性は500円なのに対して女性はなんと10,500円!

婚活女性の心理を突いてきている設定が、何ともあざとくて悔しいです。

ここまで顕著ではないにしろ、男性の年収を〇百万円以上と制限したり、男性の職業を医者に限定したりというように、ハイステータス男性を求める女性を狙うパーティーは、全体的に女性も参加費用がお高めです。

年齢だけを設定した婚活パーティーにも、ひょっこり高年収や公務員の男性が現れてラッキー!という状況になるかもしれないし?という淡い期待、筆者も最初は少しあったりしました。

でも実際はというと、高年収の人は「男性EXECTIVE編」という年収制限のあるパーティーでしか会えないのが現実だし、公務員の男性は、公務員限定編に出れば参加費用が格安なので、結局みんなそっちに参加するんですよね。

職業や年収の制限がないパーティーには、職業や年収という面での強みがない凡庸な男性が来る、というのが正直な感想。

なので、安いパーティーにたまたま来る上物狙いで数を打つより、ターゲットをしぼった相手のいるパーティーに参加する方が、結局はお金も労力も節約できて、効率的です。

エクシオは、インターネットでの申し込みだと参加費用が500円引き&次回以降参加費用が割引されるポイントが貯まるので、申し込みは断然ホームページからがお得です。

>>エクシオの公式ホームページ

最近は、平日の婚活パーティーに1ヶ月通い放題というプランまで登場しているので、こういうプランやポイントを有効に使うと、かなり参加費用を抑えることができます。

エクシオの婚活パーティー、おすすめポイントと攻略法は?

メモ用カードを活用!相手の特徴を一言メモ!

エクシオはメモる

私が一番最初に婚活パーティーに参加した時の感想は、「誰が誰だかわからなくなって終わった」というものでした。

パーティーは、多い時だと男女共に20人以上が参加しており、20人の異性と次々に3分の自己紹介をしていくので、最後には誰が何番だかワケがわからなくなってしまうのです。

メモをとる用紙は用意されているのですが、会話中に相手を前にして試験官のようにメモをとるわけにもいかず、書きそびれていたら、最後まで真白のままで終わるという結果に。

でも、このメモ活用こそが、エクシオ婚活パーティーのポイントのひとつです。

メモをとるタイミングは、3分経って司会者がベルを鳴らし、目の前の男性が入れ替わる一瞬の間。

目の前にいた男性が席を立って、次の男性が着席するまでの一瞬の間に、その相手について一番印象残ったことをササッとメモるのです。

私の場合、プロフィールに書いてあった年収が高かった人は、「800、都銀」というように年収と仕事だけをメモしたり、もうこの人はないなという人には、相手の番号のところに×だけつけておきました。

ハゲだけど船を所有していると言っていた人のところは「ハゲ、船」というように、とにかく後で自分が思い出せるワードを、メモに短く書き取っておくと、後で自分が助かります。

この後にフリータイムがありますが、気になる人に「さっき〇〇の話しましたよね」というふうにメモを元に話を振れば、覚えててくれたんだ、とアピールにもなります!

フリータイムは、3回目に誰の前に座るかが勝負!

フリータイムは、もう1度話したい人と1対1で話せる機会で、5分間の会話×3回が設けられており、毎回違う人と話すように促されます。

男女共に席を自由に移動してくださいと言われるのですが、実際のところ多くの女性は着席したまま

男性が意中の女性のところにもう一度話しに行き、女性は男性が目の前に座るのを待つ、というスタンスです。

なので女性はなかなか自分から動きづらいかもしれませんが、もし意中の人がいる場合、フリータイムの3回目にその人のところに話に行き、その人の前の席を確保するのがおススメです。

集計の時間は微妙な時間

フリータイムが終わると、その後はパーティーが終わるまでその席に座ることになります

フリータイムの後には最終投票カードを書く時間があり、それを司会者が回収して集計してカップリングの発表をしてお開き、という流れなのですが、この「集計の時間」というのが微妙な時間。

会場前方に設置されたスクリーンでエクシオの宣伝映像流され、司会者からはそれを見ながら待つように案内があります。

とはいえ、小さなテーブルをはさんだ反対側には異性がいるし、宣伝映像を見ろと言われても興味はないし、スマホを見るのも気が引けるし、とにかく手持無沙汰で居心地悪い時間なのです。

集計の時間に勝機あり

しかし、フリータイムの3回目に意中の異性の前に座っていれば、これ幸いと話しかけることができ、この集計時間は、もう1度話をすることができるチャンスに!

もうカップリング用紙は提出中なので、ここでアピールしてもカップリング結果は変わりませんが、私はこの時間にもう一度話しかけられて、親しくなったことが何回かあります。

連絡先を書いた名刺をこっそり渡されたり、このタイミングで連絡先を聞かれたこともあり、嫌な時はハッキリ断りましたが、この人も悪くないかも、と思ってその場でライン交換したこともあります。

この“気まずい時間”に気さくに話しかけてきてくれる、っていうのが案外心に効いたりして、こちらもガードが緩んでるんですよね。

テーブルによってはお互いが見向きもしないところもあるし、実際この時間を使って親交を深めているテーブルもあります。

このエキストラな時間をうまく使えるかどうかは、フリータイム3回目に誰と向かい合って座るか、にかかっているのです!

エクシオの婚活パーティーの評判や口コミを検証!

男女比や参加人数がバラバラって聞くけど、実際のところは?

これは私自身も何回もげんなりしたことがありますが、男女比や参加人数はハッキリ言って全く調整されていません!

ネット上の表記では「締め切り間近」=残りわずかとなっていて、これならそこそこ人が集まっているんだろうと思って申し込んでも、実際には男性3人、女性4人で平然とパーティーが行われたりします。

男性側に年収や職業の制限があるようなパーティーだと特に当たり外れが顕著で、ひどい時は男性7人で女性24人という時もありました。

団体キャンセルという言い訳

また、開始20分ほど前に、「男性側に団体キャンセルが出たので、ほとんど男性の参加者がいなくなったんですが、それでもいいですか」というような理解しがたい電話がかかってきたこともありました。

パーティーは予約すると3日前からキャンセル料がかかるのですが、この電話をもってキャンセルということであれば、キャンセル料はかかりません、と。

最初は鵜呑みにしていましたが、何度もコンスタントに参加しているうち、特に平日のパーティーでは、全く同じような内容の電話がかかってきてキャンセルを促されることが何回もありました。

なので、あまりに男女比が悪い時は、「団体キャンセル」を理由に申し込み客にキャンセルを促す、もしくは男女比が悪すぎても文句が出ないようにあらかじめ知らせておくという、エクシオ側のやり方なのだと思います。

「最小催行人数を設定していない」というのがエクシオ側の言い分で、それってつまるところ、参加者が男女1対1だったとしても文句は言えないよ、という意味なんですよね。

異性の参加状況や参加人数は、メールや電話で問い合わせたとしても教えてもらえないので、これは参加してみるまで分からず、運に任せるしかない状況です。

サクラがいるという噂は本当?


こんな人も婚活パーティーに来るんだ!というような、参加者にやる気をださせお金を遣わせるための客寄せパンダ的なサクラには会ったことはありません

しかし、「男性医者限定編」に来ているのに、まったく病院や医療についての知識がなくて医者かどうか怪し過ぎる男性や、「男性上場企業勤務限定編」で年収800万と書いているのに、高卒かつ常識がない会話で、本当に上場企業で働いているのか謎すぎる人に出会ったことはあります。

前項でも書きましたが、男性の年収や職業を絞ると、参加可能な絶対数が減ってしまって、いっそう参加者が集まらないのでしょう。

ステータスを偽って、人数合わせのサクラとしての参加を頼まれたのか?と疑わしくなるような人に出会ったことは、何回かあります。

悔しいですが、その男がサクラかどうか確かめる方法はないのが実情。

男性のステータスを売りにして女性から高い参加費をとるパーティーでは、「この人ホントに医者か?」などと少しうがった見方から入った方が、自己防衛にはなるかもしれません。

キャンセル対応が悪いと聞くけど、実際のところどんなかんじ?

エクシオのキャンセル対応
パーティーに申し込むと、3日前からはキャンセル時にキャンセル料が発生しますが、このキャンセル料というのは、たしかに容赦ないです。

完全にマニュアル対応なので、台風や公共交通機関の乱れで会場にたどり着けないような状況になっていても、キャンセル料はとられます。

週間天気を見越して、台風がきそうな時は申し込まない方がいいし、事故等で電車がとまったら、不運だと諦めるしかないです。

台風の時に電車が止まり、電話で必死にその状況を説明したことがありますが、決まりだからキャンセル料はお支払いいただきますと言われただけでした。

途中退室にも注意

パーティー中に途中退席しようとした人が、入り口で係員に止められ、キャンセル料を払わないと会場からは出さないと言われて揉めまくっていたのを見たことがあります。

確かに席を立ちたくなるような、バカげた人数でパーティーが開催される時も何度もありました。

しかし、一度パーティーに参加してしまうと、どんなに参加者が少なくて苦痛でも、最後までいないとキャンセル料が発生するというのは、ホームページにも記載があるエクシオのルール。

途中で勝手に退室してしまうと、その会のキャンセル料を払わないと、次回の参加ができなくなります。

評判の悪いスタッフ対応は、たしかに。。

スタッフや電話オペレーターのキャンセル対応も本当に儀礼的で、評判通り腹が立つこと請け合いです。

しかしやりあっても無駄なので、この先もエクシオのパーティーに出たいと思うなら、授業料と思ってさっさと払ってしまった方が無難でしょう。

エクシオの婚活パーティーに参加した率直な感想と、注意点!

問題点はあっても、ひとつの婚活ツールと割り切って考えるべし!

エクシオは割り切って婚活
男女比が悪いとかサクラ疑惑とかの問題点もありますが、一度にたくさんの初対面の異性(しかも結婚したいと思っている人)に出会える機会というのは、日常では皆無なのが現状。

そういう意味では、エクシオの婚活パーティーはとても有効な婚活手段だと思います。

参加者の質や人数でパーティーによっての当たりハズレが大きく、金返せ!と思うような悲惨なパーティーも、筆者も何度も経験しました。

しかし特に女性は参加費用が抑えられているので、ハズレパーティーに当たってしまったとしても、気持ちを切り替えてまた次に申し込めばいいだけのことだと、最後は割り切っていました。

ハズレパーティーに出てしまった時は腹が立ちますが、結局出会いがなくて婚活パーティーに頼るしかないので、そんな時もあるかとドライに考えたモン勝ちだと思います。

「参加しまくればそのうちいい人が」が通用するのは、最初のうちだけ!

エクシオ短期集中
ただ、割り切って次々とパーティーに参加するというのは、回数とともに問題も出てきます。

何回…どころか何十回何百回と婚活パーティーに出まくったからこそわかることは、婚活パーティーに出れば出るほどだんだん自分の出会い市場が狭まってきて、顔見知りの相手が増えてくるんですね。

最初の何回かは、出会う男性全員、当然初対面です。

1回に10人と出会えたとして、1週間に1回ずつ婚活パーティーに出ていれば月に40人もの男性と出会うことになります。

こんなに選び放題なら「ちょっといいかな」レベルの人は相手にせずとも、もっと上を狙えるのでは!?などと浮かれていました。

だんだん顔見知りが増える「罠」

しかし、週に1~2回コンスタントに婚活パーティーに参加するようになると、だんだん参加者の男性に見たことがある顔が混じるようになってきました。

自分と同じように婚活パーティーの「常連化」している人というのは結構いて、先週の婚活パーティーで出会った人とまた今週の婚活パーティーでもこんにちは、という事態に。

そういう人との自己紹介はお互い気まずいし、顔見知りが増えれば増えるほど、選択肢は減っていくわけです。

筆者も最初の頃は出会いの量に浮かれて、あせって一人に絞らなくても、とタカをくくっていました

一度スルーしたら再会しても後の祭りに

「ちょっといいかな」と思った男性からアプローチカードで連絡先をもらったものの、まだこれからいい人にたくさん出会うだろうと思い、その時はまぁいっかとスルーしまった相手もいました。

しかし、婚活パーティーに繰り返し参加するうちに、やっぱりあの人はけっこうレベル高くていい物件だったな、と思い直し始め、そんな矢先に婚活パーティーで再会したのです。

しかし、むこうとしては、私は1回アプローチして無視された相手なので、もう見向きもせず、1対1の自己紹介でも儀礼的な問答に終始して、今度は私が完全スルーされました。

あーあの連絡先をもらった時に、とりあえず連絡だけでもしとけばよかった!と後悔した瞬間でした…

エクシオのカモにならないように

エクシオのパーティーは、ポイント割引制度や開催頻度が高いことから、「常連化」しやすい傾向にあると思います。

しかしそこで常連化してしまうと、ただのエクシオのカモになってしまい、延々とエクシオに通う日々が待っています。

自分が新入りで出会う人全てが新しい!という状況のうちに、さっさと良さそうな相手をゲットするか、もしくはキープをたくさんつくること

長くはお世話にならない、というのが、結果的に長くお世話になってしまった常連から見た、エクシオの賢い使い方です。

まとめ

エクシオは優れた婚活手段
エクシオは、参加男女比やスタッフの対応など、悪い評判も多く聞きます。

どれもけっこう的を得ていたりもするのですが、それでも業界最大手で、ここ何年も連続してパーティー参加者数NO.1、全国で毎日開催というのは、婚活する者にとっては強い味方だと、個人的には思います。

エクシオの婚活パーティー活用の極意としては、「短期決戦」という言葉がぴったり。

対応の悪さや悪評云々も、どうせ長くお付きあいじゃないからと割り切る潔さを持ったもの勝ちだと思います。

運営者
リアルな体験談と攻略ノウハウを共有いただきありがとうございました。ときに問題もあるエクシオですが、開催数は日本一!婚活の基本は「候補となる相手の母数」ですから、出会いの場のひとつとして活用してみるといいですね。

-エクシオ

Copyright© LuvTalk , 2018 All Rights Reserved.